2000年代女性R&B

今夜のROOM2022は、2000年代女性R&Bをチョイス。70’sや80’s、90’sはよく聞くも、意外と2000年代括りでは取り上げられない、この年代を引き続きピックアップしますね。本日、お送りしたのは、この2曲!!

1,The One / Jennifer Lopez
Jennifer Lopez
まずはJ.Lo。今のピットブルのコンビでイケイケなEDMからは想像も出来ないような、2002年リリースの王道R&Bアルバム。個人的にはジェニロペの中で、このアルバムが一番好き! テディ・ペンターグラスをサンプリングしたM①「スティル」、エムトゥーメイ「ジューシー・フルーツ」ネタ使いしたM②「ラヴイング・ユー」、デブラ・ロウズ「ヴェリー・スペシャル」ネタにLLクールJをフィーチャーした「オール・アイ・ハヴ」。今夜、お聞き頂いたのはザ・スタイリスティクス「ユー・アー・エブリシング」を使用した「ザ・ワン」。ネタの宝庫です!

2,Work In Progress (Growing Pains)  / Mary J. Blige
Mary J Bridge
続いてはメアリーJブライジ、2007年リリースのアルバム「グロウイング・ペインズ」に収録、Ne-Yoが作曲に参加した「ワーク・イン・プログレス」。メアリーJのこれまでのアルバムの中では、セールス的にはイマイチだったかも知れませんが、イイ曲が粒ぞろいなので、年月が経った今こそ聞き直してみては?

yusukesuzuki について

ナレーター、MC、ラジオのDJをはじめとしたVoice Actor
カテゴリー: BPM2022, MUSIC, ROOM2022 タグ: パーマリンク

コメントを残す