Faith Evance,Ray J

毎週月曜日~金曜日のFMヨコハマ「BPM2022」では21時30分ごろから鈴木裕介の選曲でお送りするソウル、R&B空間、「ROOM2022」のコーナー。今夜ご紹介したのは2000年代R&Bミュージック。80年代、90年代はクローズアップされても、なかなかこの年代は括られることないだけにROOM2022でも、ちょこちょことお送りしてきたテーマです。本日オンエアしたのは、この2曲!

1,True Love / Faith Evance
Faith Evans
ノトリアスB.I.G.の元妻という肩書きが今もなおついてまわる歌姫、フェイス・エヴァンスですが、90年代初期にはセッション・シンガーとして活躍。Usher、Mary J Blige等に曲を提供していた経験もあるそう。Bad Boy Recordsを離れ、Capitol Recordsに移籍した2005年リリース、彼女の4枚目のアルバム「ファースト・レディ」に収録、ジャーメン・デュプリによるプロデュースの泣き曲。アコギにフェイス・エヴァンスの切ないメロディーが乗ったセツナR&B。

この歌詞が泣けてきます。ぜひチェックしてみて下さい!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1029381200

2,One Wish / Ray J
513EF6KY0YL

続いてはレイJ。ブランディーの弟で、俳優としても活躍。あのホイットニーとも付き合っていたなど歌よりゴシップネタが絶えない男ではありますが、素晴らしい実力の持ち主なんですよ。

yusukesuzuki について

ナレーター、MC、ラジオのDJをはじめとしたVoice Actor
カテゴリー: BPM2022, MUSIC, ROOM2022 タグ: , , パーマリンク