オリビアということでブルーアイドなセレクト


今夜のROOM2022は番組本編でピックアップしたオリビアニュートンジョンに絡めてブルーアイドなナンバーをセレクト。お送りしたのは、この2曲!

1, I Just Want To Be Your Everything / Andy Gibb
Andy Gibb
1977年、19歳にしてこの曲でデビューし、いきなり全米で4週1位を記録したのは、ビージーズのギブ3人兄弟の一回り年下の弟、アンディ・ギブ。

翌年に「サタデー・ナイト・フィーヴァー」でヒットチャートを完全独占。しかし、ディスコブームが終わると共にアンディーは失速、、、自己破産、そして88年に30歳の若さで逝去した。

アルバム「Flowing Rivers」に収録、邦題で「恋のときめき」。グラミー賞 最優秀男性ポップボーカルパフォーマンスにもノミネートしたナンバー。

2, Even Now / Barry Manilow
Barry Manilow
「コパガパーナ」が入っているアルバムと言えばわかりやすいでしょう。1978年リリース、バリー・マニロウ5枚目のアルバムのタイトルチューン。邦題で「忘れ得ぬ面影」。ゴールディ・ホーンとチェヴィー・チェイス出演のサスペンス・コメディー映画「ファール・プレイ」(’78)にも使われた楽曲。

yusukesuzuki について

ナレーター、MC、ラジオのDJをはじめとしたVoice Actor
カテゴリー: BPM2022, MUSIC, ROOM2022 タグ: , , パーマリンク