10年遅れでハマり中

「えっ、今ごろ?10年遅くない?」なんてツッコミを入れられてしまいました。さすがに10年は言い過ぎやろ~と感じつつも、遅れて申し訳ございませんでした。アンド、こんなにハッピーかつメッセージ性の強いモノだったとは。

ヒカキンにハマっています!

言わずもがなユーチューバーの先駆者。ヒカキンに対して、大きく分けて次の3つが当てはまるのかなと

1, チャンネル登録もして毎回、本当に楽しみにしている純粋なヒカキンファン
2, 何作品かは見たことあるにわかファン
3, 見たことないけど「収入スゴイんでしょ?」という偏見だけの人

おそらくオーバー40ぐらいの方は3番が該当しそうな気がします。イメージだけで、なんだか高いモノ買ったりする企画でしょ~というような偏見。

テレビなどでもちょくちょくお見かけするようになり、何とも腰が低くどう見ても偽りのない純粋さ。バカやって金儲けしてるのではなく、むしろ人助けをしているのではないかと。
メディアの仕事は偽って出演していてもやがて化けの皮が剥がれてしまう。見る側も本当に目が肥えてきているので、そこまでバカではない。

で、なぜ今ヒカキンにハマってしまったのかと言うと、「何だこのピュアな子供のようなハートを持った方は!」というのが、なんとなく頭の片隅にあったまま時は流れ…。

で、最近お仕事で動画編集もやる機会が本当に増えた。それはワンマンDJという喋りだけではなく制作の部分も携わらせて頂くようになり、その他のお仕事でもナレーション付き動画(会社紹介や商品紹介)の搬入や、ウエディングのナレーション入り動画のワン・ストップ・サービスでの発注などなど…動画を介したものが増えました。で、ファイナルカットやら動画編集ソフトをイジると、テロップの入れ方や場面転換も含め、いかにヒカキンの編集技術が素晴らしいかに気付きましたね。「自分すみません、そんなんできませんでした」ボロボロに心を打ち砕かれる。

喋るお仕事をさせて頂いていて最も重要なのは「相手に届ける」ということなのだが、とにかく前に出たトークスキルが鬼のように高い!でいて飾らず偽りがないということ。その辺のストレートでピュアなあたりが子供支持率の高さなのだろう。

ITのレジェンドが「これからの未来はよりヒカキンの時代になるであろう」と断言します。なぜならヒカキンを見て育った子供たちが大きくなり、彼が勧めたものを購入する時代がやってくると。の子さんも対談で教科書レベルと言っているし、本当にそれくらいのレベルではないかと思う。2020年オリンピックはヒカキンを絡めた演出とかあってもおかしくはない。

HIKAKIN×神聖かまってちゃん・の子異色対談 “元祖ネット配信者”たちが語る「先行者」の宿命

↑この、の子さんとの対談でネットのクレームに対し「基本的に挑発には乗らない」というどの著名人たちをもが引っかかってしまう挑発に対しシンプルかつ完璧に防御している。これ本当に大切なことですよね。

今の私の悩みは遅くしてヒカキンにハマってしまったので、すべての作品を見るのに何年かかるのだろう…ってことです。ダイジェスト版とかないかなぁ~。