下ごしらえ

ひと口に生放送と言えども、パっとスタジオへ行って喋って終わりではなく実に念入りな事前準備が必要となるのがメディアの世界。イチロー選手が言うところの「準備を制する者は本番を制する」というヤツですね。

僕が今、担当させて頂いているラジオは有難いことに制作の部分もなので出演者とディレクターをWで請け負うセルフプロデュース型。海外のラジオ番組なんかは、ほとんどこの手法なので未来はこのワンマンDJスタイルが主流になると踏んでいます。

さて、一回の放送に用意する材料は

・新聞のラテ欄への入稿
・ゲストの駐車場の手配
・楽屋の弁当の手配
・ゲストの事務所マネージャーさんとの打ち合わせ
・CMや告知ものなどの台本をプロデューサーチェック
・仮フォーマットの作成

からリクエストの集計、そして本編の台本作成、音源の手配など

これらをほぼ1人で行います。TV局のアナウンサーさんが出演していない時に事前取材へ行ったり、台本を作成したり実はやることが多いのに似ているかも知れません。文字だけで見るとやることが多く、地味に見えますが”作ってる感”を直で体感できるという点では、このうえない気持ちよさ。僕がこの世界に飛び込んだ時に発した「セックス以上の気持ち良いものを見つけた」という言葉があるのですが、まさに!

苦労も責任も倍ではありますが、自分色へのカスタマイズが可能な点は遣り甲斐は計り知れない大きさなのです。料理で言うところの下ごしらえ、今週もコトコト煮込んでますよ。