Ray Parker Jr. New Edition

耳から伝わるラグジュアリーなひととき。FMヨコハマ毎週金曜日21時21分ごろからお送りしている癒しタイムの人気コーナー、今夜の放送でもお楽しみ頂きました!

Yokohama Luxury Room


今夜は、80’s Classic SoulをDJ鈴木裕介によるスペシャルMIXでお届けしました。やはり心をクリアにするためには、この2曲を定期的に処方しないとダメですねー。

ニュー・エディションのミスター・テレフォンマンもレイ・パーカーによるソングライティングということで両曲の相性が良いのかも知れません。メロウMIXでは、あまりにも有名でお約束な流れなんです。

1, Woman Needs Love / Ray Parker Jr.

良くも悪くもゴーストバスターズのイメージが払拭できな方ですが、レイパーカーの本物さを知るファンは、そんなことどうだってよいのです。このセクシー過ぎるヴォーカルと艶やかなゴターのカッティングは、ココみなとみらいの夜景を何倍も美しくしてくれます。

パーティー・ナウなどフロアチューンももちろん、オススメですがやはりレイ・パーカーの魅力はミディアムにあるのではないかと感じるギターの美し過ぎる1981年のナンバー。

2, Mr.Telephoneman / New Edition

ポスト・ジャクソン5としてデビューした5人組ボーイズ・グループのニュー・エディション。ご存知の通り、このメンバーからボビー・ブラウンをはじめとしたスターが出てきたワケですが、まだ大人の喧嘩もない時の初々しい歌声は素直にグっときます。

あのボーイズ・グループ、ボーイズⅡメンがニュー・エディションの楽曲名からグループ名を付けたのは、有名な話。それくらい影響を与えた男たちによる1984年のナンバーです。

ということで次週のヨコハマ・ラグジュアリー・ルームも大人にしか出せない色気と選曲を僕の声と共にお伝えします!