TAG 鈴木裕介、短冊