今井優子さん,T-Groove&原ゆうまさんを迎えてオンラインLIVE

担当させて頂いているラジオ番組Fm yokohama「U-MORE!」

コロナ禍において、どんどんと加速し広がっていくオンライン化。

この番組でも今後積極的に、

オンライン企画お届けしました。 その名も、、、

U-MORE!ON LINE 飲食店のマスター、企業PR
はたまた地方とジョイントなどなど
色々と展開していくなか

今宵お送りしたのは、、、

artists LIVE

お迎えしたのは今井優子さん 1987年デビュー。1990年、角松敏生プロデュースによる5thアルバム「DO AWAY」を発表。この時に角松本人からアドヴァイスを受け、自ら曲作りを手掛けるようになり、2018年にデビュー30周年アニヴァーサリーのミニ・アルバム「It’s My Time To Shine」を発表。

今井優子Official News Blog

T-Groove 1982年生まれ。青森県八戸市出身。東京を拠点に活動するリミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー、Disco考古学者 。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで世界的に活躍。2017年にオリジナル・アルバム「Move Your Body」が日本、フランスで同時発売されてアーティスト・デビューし、リミックス・アルバム「Diamonds」がベストセラーを記録するなど国内外で注目を浴びる。最近では、CHEMISTRY、Keiko Lee、WODDYFUNK、G.RINA などのリミックスを担当。UK Soul Chartで1位を獲得した初の日本人リミキサーでもある。

原ゆうま 神奈川県横浜市生まれのギタリスト/プロデューサー。 父はギタリストの原とも也。祖父はシャープス&フラッツのリーダー:原信夫。 東京音楽大学付属高校でクラシック・ギターを専攻。2014年にUS バークリー音楽院に入学。在学中から老舗ジャズクラブ Wally’s Cafeのレギュラー・バンドのメンバーに迎え入れられると同時に、様々なクラブでの演奏活動、多数のスタジオ・ワークに参加。帰国後は さだまさし、ディーン・フジオカ、Little Glee Monster などのツアーに同行。CHEMISTRYのアルバムにも参加したほか、WONKやNao Kawamuraのサポートを務めている。18年「THE DAYS」でソロ・デビュー作。T-GROOVEとタッグを組んだシングル「Brazilian Rhyme with T-Groove feat. Hanah Spring / City Life feat. Joy T」も好評発売中。父はギタリスト原とも也,祖父はシャープス&フラッツリーダー原信夫。

さらにAOR番長!?

ライトメロウでもお馴染みの

金澤寿和さん

飛び入り参加!

タイトルの名付け親ということで急遽、ご出演頂きました。

さぁ、そんな皆さんがタッグを組んだyuko I. meets T-Groove and Yuma Hara Remixをパフォーマンスしてくださいました。

さすがの安定感の優子さんのヴォーカル、そして原ゆうまサンのオーシャンブリーズなギターの音色 金澤さんのタンバリン!?(していません笑)サイコーーーーー!!!

ラジオの可能性を感じました。

皆さん、今度はスタジオでお会いしましょう♪

テキストのコピーはできません。