みなとみらいの夜景に合うメロウなソウルミュージック



鈴木裕介セレクトでお送りするムーディー・サウンド・セレクション、ROOM2022のコーナー。本日も、ここみなとみらいの夜景に合うメロウなソウルミュージックをチョイス。今夜、お送りしたのはこの2曲!

1, C.O.D. (I’ll Deliver) / Mtume
Mtume
まずは、エムトゥーメイ。ジェームス・エムトゥーメイ率いる彼らの代表曲と言えば、サンプリングネタの定番曲「ジューシー・フルーツ」。そのJuicy Fruitの次にリリースされたのが今夜ご紹介した、1984年リリースのアルバム「ユー・ミー・アンド・ヒー」。ジューシー・フルーツと同路線のミディアム・トラック。

「ジューシー・フルーツ」が偉大すぎるために、その他の曲が陰にかくれがちですが、大人の官能的なエレクトロ・ファンクを堪能できますので、ぜひチェックを。

2, Did I Dream You /Tawasa
Tawasa
そして、そのエムトゥーメイでヴォーカルをとっていた、タワサ嬢による唯一のソロ・アルバム「Welcome To My Dream」に収録の「ディド・アイ・ドリーム・ユー」。この甘美なヴォーカルに昇天してしまいそう。

タワサはアレサ・フランクリンやルーサー・ヴァンドロスなどバック・ヴォーカルとしても多くの作品に参加した実力派。そんなタワサとジェームス・エムトゥーメイが作り出す、素晴らしい世界観を堪能出来るこのアルバムは持っていて損はナシ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です