印南敦史さんをお迎えしました



ようやく、お会い出来ましたライナーの中のあの方と、、、
FMヨコハマBPM2022、ゲストに印南敦史さんをお迎えしました。

JUICYのコンピレーションCD、書籍など自分が好むモノほとんどが印南さんが監修ってくらい、バイブルだったのでお会い出来て光栄でした。

昔の曲を「あの当時は~」って語れる人は多いけど印南さんはちゃんと現代に置きかえて解釈しているので、ただ単の懐メロにならず進化したうえでの発信。アイスのガリガリ君だって季節によって微妙に味の濃さを変えていますから、、、(笑)って僕が言うと伝わりにくいですが、臨機応変な老舗ということです。
20150430_21_16_57

さて、今日は音楽だけでなく月間3,890PV!ビジネスパーソンのためのNo.1ブログメディア「ライフハッカー日本版」の書評家、印南さんが書かれた「プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術」もご紹介して頂きました。

文章は書かずとも、何かをうまく伝えたいと考えてる方にもオススメなのでは?と感じました。「欲しかったレコードが向こうから近づいてくる」というフレーズに鼻息が荒くなりましたが、本もそうで”興奮する本と出合いたいな”とちょうど品川の本屋さんで思っていて、夜には番組でこの本と出会えましたから。

ですので、皆さんもイイ女と出会えると思っていれば出会えるんです、、、(笑)っと2回目の伝わりにくいが飛び出しましたが、とりあえず「プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術」の中で紹介されていた「てにをは辞典」は早速ネットで注文。しかも、ちょうど「てにをは」についてスキルを磨けないものか?と考えていたばかりでした(これも呼び寄せたってこと?)

そして、読書好きとしてのもう一つの楽しみ!著者のお勧め本を購入する。多くの本を読まれている方がセレクトしたものですから、間違いないですし、なにより少しだけ作家さんに近づけた気分になれるというニヤニヤ感。「フェイスブック 子どもじみた王国」と「クラウドストーミング組織外の力をフルに活用したアイデアのつくり方」をネット注文、、、ってオイオイ買い過ぎじゃないか(笑)

読むのも、飲むのもお得意な印南さん!
JUICYのイベントに顏を出さねば。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です