洋学 遅咲きアーティスト

何事も諦めなければ成功する!

今回は、大器晩成~遅咲き洋楽アーティストを集めてみました。

Scatman (ski-ba-bop-ba-dop-bop) / Scatman John

52歳で歌手としてメジャーCDデビューしたスキャットマンジョン。吃音症という障害を持ちながらもそれを逆手に取り独自のスキャットスタイルを確立。

日本では1995年に「スキャットマン」、そしてカネボウ化粧品のCMソング「Su Su Su Superキレイ」で大ヒットしました。来日時にはお会いさせて頂きましたが、飾らずフレンドリーな方でした。当時の担当レーベルの方は「贅沢を言わず人一倍仕事をし、周りにいつも感謝する優しいおじさま」と語っています。

1999年に肺癌のため57歳という若さで亡くなりました。

If It Makes You Happy / Sheryl Crow

その名の通り苦労人!?シェリル・クロウさんは31歳でアーティスト・デビュー。教師をやったりもしましたが、大きなチャンスが訪れたのはマイケル・ジャクソン1987年の「バッドツアー」にバックコーラスで参加したこと。

彼のダンスを間近で見ることは別世界の経験で、最高に幸せでした。

dailymail
Mail Online
Sheryl Crow on being Michael Jackson's backing singer She’s a chart-topping solo artist who never gets bored but says she was happiest being on stage with the legend.


Wait For You / Elliott Yamin

29歳で全米デビューしたエリオット・ヤミンは13歳の時に鼓膜が破れたことが原因で、右耳の聴力を失い16歳で1型糖尿病を発症と数々のハンディキャップを抱えながらもオーディション番組「アメリカン・アイドル」でスティーヴィー・ワンダーからその才能を絶賛され、諦めなければ夢は叶うと多くの人々に勇気を与えました。

何度かインタビューでお会いさせて頂きましたが、とっても優しいハートの持ち主。日本にも彼の美しい歌声のファンは多いです。

2009年来日時のエリオット・ヤミンさん

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ラジオDJ,ナレーター。洋楽70年代,80年代,90年代,2000年年代,2010年代を中心としたスキルを活かし様々なメディアで展開中。これまでインタビューしたアーティストはバックストリートボーイズ、マルーン5、レディーガガ、アリアナ・グランデ、ニーヨ、リアーナ、ブラックアイドピーズ、シカゴ、フィリップ・ベイリー・・・他多数。

目次
閉じる